シンデレラガールズ第22話~魔法が解ける時~

冬フェス前に素晴らしいライブシーンをありがとう…!
文香が緊張で倒れてしまうシーンや未央と卯月がトライアドプリムスの3人の緊張をほぐすシーンといった、1stシーズンの3話を彷彿とさせる構成で進められる、皆の成長や卯月の問題が浮き彫りとなる回でした。
3話の時点では美嘉という先輩アイドルのバックでステージに立ちましたが、CPはクローネの代わりにステージを支える存在にまで成長しました。
あの時のCPはまだユニットという繋がりはなく、デビューすらもどうなるか分からない状態でした。
それが今では、CP存続のため団結して力をつけていく存在になりました。
アーニャのソロと凛のトライアドプリムスとしての活動が継続するとのことで、これまでのユニット活動が縮小しそうで残念でもありますが、冬フェスでどんなユニットでライブを楽しませてくれるのかわくわくしています!
今回のクローネを助けるという展開が今後どのように生きてくるのか、「シンデレラの舞踏会」で奈緒・加蓮もステージに上がってくれるのかなど、残り3話となった現在でも期待している展開がまだまだあります(*´ω`*)
いっその事、劇場版やショートアニメでもいいのでまだデレアニが続くことが確定してくれれば安心して残り3話も視聴できますが、その展開があるとしても発表は3rdライブまで待たなければならないでしょう(´​・‸・`)
ミリマスのアニメPV90秒verも公開されたので、こちらのアニメ化発表も時間の問題と考えて待っています♪

22話の最後で卯月の時計が12時を指す演出があり、魔法が解けるかのような印象を受けました。
CPの事務所移動の時点で全員の魔法が解けたと思っていましたが、それでもCPはそれぞれ自身の足で歩き続けてきました。
それがここに来て、卯月の時計は止まっており、進んだと思ったらそれは魔法が解ける12時に向けて進むという衝撃の展開が訪れました。
オープニングムービーを見るかぎり、卯月の歩みを助ける存在は凛と未央になりそうですが、22話最後の場面を見ていた美城常務や武内Pもその切っ掛けに十分なりそうです。
23話で解決をしない気もしますが、 ハッピーエンドへ向かうための溜め回は嫌いではないので、どんな展開があろうとも楽しみたいです!

トラックバック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

ページトップ