シンデレラガールズ第20話~それぞれの歩みの始まり~

クローネの登場、そして待ちに待ったトライアドプリムスの結成間近だ!
トライアドプリムスが美城常務の主導の下、結成されることは予想していましたが、まさかアーニャもソロとしてクローネに入れられるとは思ってもいませんでした。
ラブライカの二人はどちらもソロでやっていけるキャラであり、何よりアーニャは幻想的な魅力を持っているため、常務の目に留まること自体は不思議なことではありません。
しぶりんのトライアドプリムスとしての姿に加えて、アーニャのソロとしての新たな魅力を見ることができるので、この展開は今後に期待ができる面白いものだと思います( -`ω´-)
ただ、蘭子と共に濃厚なラブランコ展開も期待していたので、アーニャがCP以外のソロで忙しくなるのは寂しく感じてしまいます…(´​・‸・`)
新田さんの見せた少し寂しそうな表情もあったので、今後のラブライカがどのように繋がっていくかも注目していきたいです!

しぶりんとアーニャの新展開に加えて、ちゃんみおのソロ活動宣言もあり、今後はこれまでのユニットの枠を超えた展開が予想されます。
ピンキーキュートやポジティブパッションなど、現在アニメに登場しているキャラだけでも、ゲーム内のユニットがいろいろと作られます。
これ以上、ユニット結成の話に尺を使えるかどうかという問題はありますが、最後に待っているのはシンデレラの「舞踏会」なので、様々な組み合わせを楽しませてもらいたいです!

次回は予告ムービーでも卯月の表情が見えず、暗い雰囲気も感じてしまいます。
ですが、予告での「でもその王冠は、誰かに授かるものでしょうか?それとも」というちひろさんの台詞からも予想できるように、21話ではこの先の歩みを卯月自身が考える回になるのだと思います。
これまでは武内PやCP、ニュージェネと共に歩んできた卯月ですが、自分自身が目指すアイドル像はまだ見えていないのかもしれません。
ちゃんみおのソロ宣言はしぶりんのクローネ入りを後押しするものだと思いますが、卯月にとっても大きな意味のあるものになるはずです。
魔法が解けたシンデレラたち、その中の一人の卯月が武内Pやしぶりんに見せた以上の笑顔をふりまけるようになるためにも、ここでの選択は重要になってきます。
卯月のソロ曲「S(mile)ING!」にもあるように、自分を精一杯伝え、笑顔で頑張る姿を早く見たいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

ページトップ