ネタバレを含みますので、本編を見てから記事を展開してください♪
ボス戦がOP前に終わってしまうとは・・・(´・ω・`)
キリト VS ヒースクリフは、アインクラッドにおいての最高のPvPであり、決して一対一では茅場晶彦を超えられないことを意味する戦いでした。
アスナや他の仲間達・・・そしてユイと出会えたからこそ、キリトがシステムを超える力を発揮できたのでしょう。
茅場は自分の夢を現実にし、予想以上の結果を間近で見ることができたのにどこか寂しげに見えました。
それは、オンライン世界でしか自分の追い求める世界が存在し、創り得ないことを痛感したからなのでないかと思います。
次回からの新章「フェアリィ・ダンス編」でも、彼の思いがどこかで生き続けるのか見ものです♪