配信開始からレビューが遅れてしまいましたが、私が今期見ているアニメ2作品のレビューを書いていきます~


癒しの子(不憫な子)とアホな子のコンビが大好きです♪
どうしてもあかりは娯楽部メンバーと、櫻子は向日葵との絡みが多いキャラではありますが、このコンビが私の癒しであります(*´ω`*)
存在すらあまり感じさせない会長を除けば、櫻子のポジはあかりに近い(?)ような気がするので、今後もどんどん活躍していくことを望むばかりです。


知識がない人にはある者がサポートするのが当然で、それをしなければ自分が生き残りたいだけの身勝手な人と差別される。
自分の命が直接かかったゲームだからこそ、そんな考えの人が出てくるのは当然です。
それでも、ただ有利になっている状態を均衡なものとしただけでは、この世界のゲームクリアには近づかないように思えます。
知識を共有し、βテスターのような力あるものがリーダーとして中心に立たなければ、ただのβ時の情報だけでは勝ち進むのは不可能です。
2話では差がある者が存在するという疑心暗鬼とヒロインとの出会いという、正に異世界ファンタジーの序盤に定番のことが描かれていました。
ベッタベタな展開と言えばそれまでですが、純粋にキャラクターをどう立たせて活かしていくかが重要になってくるので、流石はラノベ原作の作品と言えるでしょう♪
コメントを見ると既に原作との違いがあるようなので、ある程度話が進んでから原作を購入して違いを楽しみたいと思います( -`ω´-)